プロフィール

Cian


スモーキーかつやわらかな歌声とアコースティックなサウンドで音楽と言葉を紡ぐ、女性シンガー。時々、ソングライター。

2010年7月、New CD 『光の中の女神』をリリース。

★Cianへメッセージを送る

NEW RELEASE!


NEW CD 『光の中の女神』

前作『marble』から4年。 WOWOW・全米オープンテニスのイメージソングにもなった【Pearl】を含む、全3曲。

BALR-0002/¥1,000(tax in)

NOW ON SALE


1st mini album 『marble』

“やわらかな風のように響いてくる、スモーキーでやさしい歌声。 光と影のアコースティック・ソウル”

BALR-0001/¥1,800(tax in)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めぐり会う


Plastic Soul Review、いいイベントだったなぁ。
お客さんのノリの良さにびっくり!
暖かくて、オープンマインド。もうみんな、踊る!踊る!

MCでも話しましたが。
『プラソル』のボーカル・響子とベースのコージとは、かつて一緒にバンドをやっていました。
ライブというよりスタジオに入って音を出しながら、
バカ話でどこまで全員笑い転げることができるのか?
たぶんそういうことに命をかけていた(ような気がする)、愉快なバンド。
ギターのKNGもプラソルが出来る前からの知り合いだし。

あれから6年くらい経ったのかな?
久しぶりに一緒にライブできて、ジーン。
プラソルのステージはますますパワフルになってて熱いエネルギー。
いい意味で変わらず、いい意味でチカラが抜けて、
あらためて純粋に音楽を楽しもうと思えた。

シアンのライブのほうも、肩を寄せ合うようにして、生音に近いライブで新鮮。
のろの空気感が心地よかった。
みんなの音がよく聴こえた。波打つように、かみしめながらのライブ。
みなさん、ありがとうございました。

自分が一番ナチュラルでいられる場所が、
ようやくわかってきたような。





ちなみにアンコールでやったあの名曲。
ステージで踊っていたダンスは、このPVが元ネタです。

夜中にはじめて見たときは、笑いをこらえきれませんでした。

リスペクト。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。