FC2ブログ

プロフィール

Cian


スモーキーかつやわらかな歌声とアコースティックなサウンドで音楽と言葉を紡ぐ、女性シンガー。時々、ソングライター。

2010年7月、New CD 『光の中の女神』をリリース。

★Cianへメッセージを送る

NEW RELEASE!


NEW CD 『光の中の女神』

前作『marble』から4年。 WOWOW・全米オープンテニスのイメージソングにもなった【Pearl】を含む、全3曲。

BALR-0002/¥1,000(tax in)

NOW ON SALE


1st mini album 『marble』

“やわらかな風のように響いてくる、スモーキーでやさしい歌声。 光と影のアコースティック・ソウル”

BALR-0001/¥1,800(tax in)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水のある場所、東京という街


生まれてこのかたずっと、 海、もしくは川の近くに住んでいます

水は気持ちを浄化してくれるような気がする
水が流れているのを見るだけでも、なんとなく落ち着くのです

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

さいきん東京という街についてよく考えます
生まれ育った場所
他県からも多くの人が思い思いにこの街にやってきて、暮らしている、まさに共存の街

自分にはずっと故郷というものがないような気がしていました
地方から上京してくる人に会うたびに感じる、
「自分には、この人たちにある何か大切なものが欠落しているのではないか。」という焦躁感
そういう思いが消えなかったのだけど、

でもさいきん、たとえば東京のことを悪く言われると、チクリと胸がいたむのです
自分にとっては生まれ育ったのは、ここ以外ほかになく、
それはやっぱり、ふるさとということなのでしょう

私は自分で思っているよりもずっと東京が好きなのかなぁと思います
この雑多の街の
人間模様も
なかなか見えないと言われている星たちも
なんとなく、いとおしい

そして東京の下町は、
今も昔も、ちゃんとあたたかい

いつか他の街に住む日が来るのかなぁ
もしくは海を越えて、違う国とか

ともあれこの街で、東京生まれの東京育ち、という人は、
逆にそんなに多くないのかもしれません
だからこそ想いがめぐっている場所
すくなくともまだまだ、飽きるということはなさそうです

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。