プロフィール

Cian


スモーキーかつやわらかな歌声とアコースティックなサウンドで音楽と言葉を紡ぐ、女性シンガー。時々、ソングライター。

2010年7月、New CD 『光の中の女神』をリリース。

★Cianへメッセージを送る

NEW RELEASE!


NEW CD 『光の中の女神』

前作『marble』から4年。 WOWOW・全米オープンテニスのイメージソングにもなった【Pearl】を含む、全3曲。

BALR-0002/¥1,000(tax in)

NOW ON SALE


1st mini album 『marble』

“やわらかな風のように響いてくる、スモーキーでやさしい歌声。 光と影のアコースティック・ソウル”

BALR-0001/¥1,800(tax in)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エディット・ピアフ  愛の讃歌』


観てきました。

シャンソンをあまり知らなくても、楽しめる映画。

生活費をかせぐために歌っていた少女が、
いつしか愛に生き、みずからの愛と人生を歌に投影するようになっていく。
そういうひとりの女性の物語として観れます。

次から次へと波瀾万丈、
でも歌という太い幹と、彼女を待ち望む聴衆の熱い拍手があってこそのピアフ。
悲劇の人で終わらなかったところがすごい。

映画だけに、時代軸がコラージュされて行ったり来たりしますが、
演じているマリオン・コティヤールがかなりの熱演です。
実際のピアフよりも背が高く美人だったため、監督は外見を似せるのが大変だったそう。
猫背の演技がよかったです。大女優さんになりそうだ~。

スポンサーサイト

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。